善玉&悪玉のコレステロール

コレステロールには善玉と悪玉の2種類があるという情報に触れたことがある人も多いでしょう。

コレステロールは体によくないというのは間違いで、健康に良い効果を与えるようなコレステロールも挙げられるのです。

それは善玉コレステロールのことで、HDLコレステロールという名称が付けられています。

HDLコレステロールとは、血液の中を巡回するときに、リポ蛋白のHDLを利用することで移動をしているコレステロールのことです。

善玉コレステロールも最初はただのコレステロールであるため、LDLコレステロール、つまり悪玉と異なる点はないのです。

それが、組み立て方によって比重、サイズ、活動内容が違っているので、善玉や悪玉と名称が分かれています。

たんぱく質を多く含む高比重リポ蛋白のHDLは、様々な部位で消化しきれず留まったコレステロールを肝臓まで運ぶ働きをします。

さらに血管にストックされて、憎むべき動脈硬化を生じる恐れを増大させる動脈の内壁についたコレステロールすら運んでくれます。

こうした体内において良い存在であるという理由から、善玉コレステロールと称されています。

体内でよい効果を与えてくれるHDLコレステロールを多く活動させるには何と言っても暴飲暴食は良くありません。

きちんと毎食を摂り、食物繊維の多いものを先に食べる、よく咀嚼するなど気を付けると、短時間で一気に食べたりたくさん食べることがなくなります。

肥満の状態や中性脂肪が増えることは、善玉コレステロールの値を低くさせてしまうので注意が必要です。

Comments are closed.